« Vogue Korea 9月号より・・PERFECT femme fatale | Main | 非情な賭博の世界が開かれる--`タチャレビュー-- »

September 19, 2006

キム・ヘスの 'タチァ' 今年ヌード熱演ルポ

E720060918_27119585

キム・ヘスの肌はやっぱり眩しかった.
映画 'タチァ'の試写会が開かれた 18日ソウル竜山CGV.
試写会は午後 2時に開かれることになっていた舞台あいさつが何らの説明なしに 20分も引き延びになった.
そしてキム・ヘスはツェドングフン監督を含めてゾスングウバックユンシックなど出演俳優たちとスクリーンこれから出た.
舞台あいさつのためだった.
キム・ヘスの服は金色鱗のように燦爛たる輝かしかった. そこにはにかむように現われたキム・ヘスだけのグラマー肌.
"熱心に
描いて映画の上映が始まった.
そして劇中ギャンブリングハウス設計士であるチョンマダン、キム・ヘスとタチァコニであるチョスンウの出会い。.
彼らはいきなり濃密なキスを取り交わして、いつのまにか一糸まとわぬ姿でベッドに横になってスクリーンをいっぱい満たしていた.
チョスンウのごつごつしながらも弾力ある筋肉質体な肢体にキム・ヘスのグラマーな肢体.
キム・ヘスは後姿だけ露出するようだったのにいつのまにか身を回して右側胸を露出してついには起き上がって下半身と胸を見せるなど今年ヌードの典型を見せてくれた.
70年 9月5日生まれだから信じられない位弾力ある Sライン体つき.
キム・ヘスの左側尻に残っているモンゴル班まで赤裸裸に現われたし胸はすぐでも空を向けて飛びあがりそうな砲弾みたいだった.
瞬間客席記者たちの瞳孔は大きく開かれたしあちこちで歓声が零れ落ちた.
"キム・ヘスが決心したんだな…."
青竜映画賞を含めた各種授賞式でこっそりこっそり見せてくれた肌の秘密をいっぺんに見せてくれる一大事件だった.
決して短くない 140分というランニングタイム. ここに 20分遅くなった試写会手始め. 'タチァ'は結局 160分の長時間で記者の怨声と共に遅く始まった映画だった.
しかし 160分は決して退屈ではなかったし, 始終緊張感が一杯だった. その中心にキム・ヘスがあったのだ.
試写会が終わった後行われた懇談会時間.
キム・ヘスにフラッシュが集中されたし質問も集中した.
一記者が "私が男だからかもしれないがキム・ヘスさんの露出シーンに対する考えが知りたいですよ"と質問した.
キム・ヘスは待ったというように答えた.
"一番関心が高い質問ですね. 露出に関する負担は全然なかったです"といういかにも失望な(?) 返事だった.
"脱いですごく恥ずかしいです"という返事を期待したからだったろうか.
その後のキム・ヘスの返事は傑作だった.
"あらかじめコンテが決まったのではなく撮影直前監督と俳優たちが集まってどんな方法で白鳥と征馬談の最初出会いを一番よく表現するのがいいか相談して、即興で決めた"と打ち明けた.
今月初ソウルプラザホテルでの予告篇公開当時下着露出シーンに対して "初めには下着を見せるように普通に座ったが実際に絵を見たら思ったとおり見えなくて、監督と相談した後、ひざをたててパンティーを見せることにした"と明らかにしたキム・ヘスだ.
ところでこのパンティシーンは結局監督の編集にあって試写会では少し見えだけに短縮された。
キム・ヘスのプロ精神は 'タチァ'を通じて輝かしかったしキム・ヘスは賭博の最高峰としてタチァではなく芸能界の最高峰としてのタチァということに異論はなかった.
記者は試写会が終わった後に舞台あいさつが遅くなった理由が分かった.
キム・ヘスの準備した衣装が気に入らないと他の衣装を急に用意するために遅れたということ.
やっぱり少しでももっときれいに見せたいというキム・ヘスのプロ精神を確認することができるエピソードだ。
来る 28日 'タチァ'の封切りとともに全国はキム・ヘスのスカートのすそに席巻されるかもしれない!

|

« Vogue Korea 9月号より・・PERFECT femme fatale | Main | 非情な賭博の世界が開かれる--`タチャレビュー-- »

最新映画作品」カテゴリの記事

Comments

はるちゃんさん、各メディアにもたくさんとりあげられていて、大当たりの予感がしますね!・・でも、正直これだけのキャストをそろえておいて失敗は許されないって気もしますねえ^^;

ペンちゃんさんきてくださって&TB&ブックマークありがとうございます^^
いまのところ日本で公開になるかわかりませんが、チョスンウさんの人気にのっかって(?)日本で観られればうれしいです・・
ちょくちょく遊びに行かせていただきますので、今後ともどうぞよろしくお願いします^^

Posted by: ちゅん | September 20, 2006 at 05:07 PM

こんばんは!こちらに来るのが遅くなってしまいましたが、スンウブログ「スンウな毎日」をかいている、HN「ペンちゃん」です、どうぞよろしくお願いします。
私は、スンウさんのカメオ出演があるので以前「YMCA爆裂野球団」(ソンガンホ)さんの映画の時、ヘスさんを拝見していたのですが、、タチャでは、妖艶さ満開で、年齢を重ねているのに、すごく自己管理出来てて、美しさを増している俳優さんだと思います。
記事にもあるシーン、短いとは思いますが、インパクトが多きそうですね。でも、このシーンがあって物語が進んだあとの、2人の関係が生きてきそう。 ともかく早く日本で見たいですね!

Posted by: ペンちゃん | September 20, 2006 at 12:17 AM

素敵な笑顔で登場ですね^^
キムヘスssiの存在は大きいですね。
そして,様々な所でプロ精神を見せてくれますね。
記者の方からも「芸能界の最高峰」と、嬉しい言葉です。
それにしてもいつも可愛いキムヘスssi~自信作品に何時会えるかな?

Posted by: はるちゃん | September 19, 2006 at 08:21 PM

試写会もおおむね好評でよかったですね!
しかしこの土壇場での露出シーン発表が観客動員にどう影響するかなかなか興味深いところではあります。
ここにだけフォーカスされてしまって映画としての価値が損なわれないか、それだけが心配ですね・・

Posted by: ちゅん | September 19, 2006 at 05:03 PM

え~っ!思った以上に露出が多いタチャのヘスさんなんですね。見たいような、観客には見てほしくないような。ヘスファンにだけというわけにもいかないし。それにしても何を着ても素敵なヘスさんですね。直前に取り替えたというだけあって、見事に決まってます。笑顔も最高!ですね。

Posted by: ミキョン | September 19, 2006 at 04:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27167/11956384

Listed below are links to weblogs that reference キム・ヘスの 'タチァ' 今年ヌード熱演ルポ:

« Vogue Korea 9月号より・・PERFECT femme fatale | Main | 非情な賭博の世界が開かれる--`タチャレビュー-- »