« March 2007 | Main | May 2007 »

April 2007

April 30, 2007

新CF=オリオンのどの宝鑑

げげ・・・リンクがつぶれてました・・・ミア~ンTT

オリオンの公式HP

こちらで思う存分見てください^^;画像をクリックすれば見れます。

ついでに悲しいのでキャプチャー画面を揚げておきます。

00cfb1e8c7fdbcf6b8f1c0c7bab8b0a805paranz

Continue reading "新CF=オリオンのどの宝鑑"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Una donna Bellissima! Kim Hyesoo

キム・ヘス"アジアのモニカ・ベルッチ"賛辞

20070430073756907b6_094226_0

イタリア ウッディ君の極東映画祭(Udine far east film)に参加したキム・ヘスが'アジアのモニカ・ベルッチ'という賛辞の中で集中的にスポットライトを受けた。

キム・ヘスは去る28日(以下現地時間)午後ウッディのヌオボチョバーニ劇場で開かれた閉幕式に映画祭の花'デイーバ'として映画祭組織委員長と一緒に舞台に上がり、有終の美を飾った。

閉幕作'浮気日和'の主演俳優でもあるキム・ヘスに観客らはずっと"あまりにも美しい(Bellissima)"を叫びながら"最高に美しい女性(Una donna Bellissima)"という賛辞と熱を帯びた反応を見せた。

20070430073756907b6_094226_1

映画祭委員長のサブリナ パラチェティ(sabrina baracetti)はキム・ヘスに"韓国最高女優の訪問に深い謝意を表する"として"キム・ヘスは'アジアのモニカ・ベルッチ'だ"という賛辞の言葉も伝えた。

現在新しい映画'モダンボーイ'を準備中のキム・ヘスは去る26日イタリアに到着,3日間公式日程を消化しながら,現地言論はもちろん世界各国取材陣の熱い関心を受けた。

2007043010290370233_151027_2

27日キム・ヘスと崔ドンフン監督が共に参加した中で開かれた'タチャ'のプレミアム上映会は1500席を完売し,上映が終わった後も,観客は'ブラボー'を叫びながら,起立拍手を送った。

キム・ヘスはまた28日イタリアの'RaiRadio TV'をはじめ,30ヶ余りの海外言論媒体インタビューを消化したし,'パネルディスカッション(映画に対する討論の場)'に出席,世界の流れの中にアジア映画の成長と重要性に対して熱を帯びた討論を広げた。

Continue reading "Una donna Bellissima! Kim Hyesoo"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 25, 2007

第43回百想芸術大賞

2007042518342892170_183557_0

残念ながら今回の主演女優賞は獲れませんでした。。。。TT

(ていうか、今日、誰も見てなかったですよね?SBSだったんですけど)

しかし、タチャは4部門にノミネートされ、見事大賞と監督賞に輝きました。ペンちゃんさん、チョ・スンウさんも残念でした・・TT

大まかな結果は次のとおりです。

人気賞イ・ジュンギ/ キム・テヒ

映画部門女性最優秀演技賞ヨム・ジョンア

2007042519500553734_200517_4

映画部門監督賞,タチャ崔ドンフン監督

映画部門作品賞'怪物'

映画部門大賞受賞タチャ

映画部門最優秀演技賞リュ・スンボム

Continue reading "第43回百想芸術大賞"

| | Comments (12) | TrackBack (0)

April 23, 2007

オリオン製菓「のどの宝鑑」ガム

20070422094135208f0_115514_06420

‘のどの宝鑑’は‘のど’と‘東医宝鑑’の合成語で‘のどに良い’という点を強調した新製品で漢方で首に良いと知られた天弓,甘草,当帰など16種の薬草成分を液状に抽出したエキスをガムの中に入れたもの。かめばすっきりした味が口の中でパッとさく烈する。

また国内で初めてハードコーティングガムの中にのどに良い16種類成分をエキス形態で入れた‘液状センターフィーリング コーティングガム’技術が適用され,春季の黄砂だけでなく,媒煙,公害,タバコの煙などのどを痛めることが多い30~40代男性がターゲット層だ

‘のどの宝鑑’は特にキシリトール成分が基本で歯の健康はもちろん,のどの健康まで考慮して、既存のキシリトールガムを一段とアップグレードさせたという評価だ。

オリオン研究所開発チームのイ・キジョンチーム長は“‘のどの宝鑑’は既存キシリトール対非キシリトール ガムに二分化されたガム市場を新しく切り開くためのオリオンの野心作”としながら“最近黄砂などでのどの健康に対する関心が普段より高まっているため,ガム市場にセンセーションを起こすと思う”と話した。

オリオンは黄砂シーズンの4~5月マーケティングに戦力を集中してトップ俳優キム・ヘスをモデルにCFを放送し、喉が乾いた男性たちを誘惑するという戦略だ。 126g,63gボックス各々5000ウォン,2500ウォン,12.6gケース500ウォン.

Continue reading "オリオン製菓「のどの宝鑑」ガム"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

April 16, 2007

キム・ヘス,幼い頃から美しさの片鱗が・・'殺人微笑キラリ'

20070416091457150a3_091457_0

'良い木は若葉から違う'という。 映画俳優キム・ヘスの幼い時を見るとこのことわざが自ずと思い出される。

17才で芸能界にデビュー,30代後半に入った今も最高の人気を謳歌しているキム・ヘス. 蠱惑的な魅力が思い切り漂う今とは違い幼い頃は清らかさが引き立つ。

インターネット ポータルサイトを通じて公開された幼い頃の写真ではキム・ヘスの華かな微笑が光る。 美術展に参加し記念写真を撮ったものから賞状を受けた後に見せた明るい微笑に聡明さも感じられる。

美貌だけでなくまた格別なファッションセンスがやはり目を引く。 長いストレートの髪とカチューシャそして茶色のブーツまで子供ではあるが、おしゃれな人の必須要素を全てそろえている。

このようなキム・ヘスの幼い時の写真は公開されるごとにネチズンらの話題を集め"真の美人"という賛辞を受けている。

Continue reading "キム・ヘス,幼い頃から美しさの片鱗が・・'殺人微笑キラリ'"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 13, 2007

百想芸術祭Plus..第9回ウディネ極東映画祭

20070413221017660d6_221515_0

キム・ヘスが韓国の代表女優で来る26日イタリアで開かれる第9回ウディネ極東映画祭に参加する。
ウディネ極東映画祭はヨーロッパでアジア映画を紹介する最大規模の映画祭でキム・ヘスは映画祭の花といえる‘ティーバ’(オペラで女性歌手を指すイタリア語、プリマドンナの意味も持つ)に選ばれた。

映画祭側は“アジアを代表する最高の俳優のキム・ヘス氏を映画祭のティバで選定することになった”として“キム・ヘス氏の出席により‘ウディネ極東映画祭’の地位がより一層高まることになった。 今回の映画祭出席でキム・ヘス氏がヨーロッパ映画界の高い関心を受けることになるだろう”と伝えた。
キム・ヘスは26日イタリアに出国,27日記者会見を行った後,特別展に選ばれた‘タッチャ’のプレミアム試写会に参加する予定だ。 また閉幕日の28日には外信らとインタビューおよび‘韓国映画に対する討論の場’のパネラーとして参加,閉幕作に選ばれた‘浮気日和’の舞台挨拶および観客との対話を持つ。

Continue reading "百想芸術祭Plus..第9回ウディネ極東映画祭"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 05, 2007

サンキスト・ファミリージュース(お姫様編)おまけつき^^

Ws00001749353320

cyで見つけた懐かしく貴重なCFです。

おそらくドクター・ボンのときでしょう。もうひとつは同じでない理由編というのがあって、ハン・ソッキュ氏とスカッシュしています。

コピーのナレーション「純粋さは私たちを若くします」には、今なら万人が納得するのではないでしょうか?ちょっと時代を先取りしすぎたCFでしたね・・w

しかし、相手役ハン・ソッキュは2重スパイあたりから没落し始め、もはや興行手形俳優とは呼ばれなくなってしまいました。シュリではあれほどの輝きを放っていた俳優なのに、なんとも惜しまれますね・・

顔が似ている、イ・ソンジェのほうがむしろ色んな作品に顔を出していて、結果もそれなりに残しています。彼とは新羅の月夜で共演しましたね。インパクトはもちろんチャ・インピョに軍配があがりますが・・

お姫様になった日曜日♡

「さあ~お姫様、朝食をお持ちいたしました~♡」

「ファミリージュース好きでしょ?」

ヘス、一口飲んで「う~んピュアだわ♡」

ウンウンとうなずくハンソッキュ

「あなたも一杯飲まなきゃね♡」

2人仲良く笑いあう

(めっちゃベタな造りのCFですな・・訳しただけで恥ずかしくなりました)

Continue reading "サンキスト・ファミリージュース(お姫様編)おまけつき^^"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 04, 2007

パク・ヘイル&キム・ヘス、映画『モダンボーイ』にキャスティング

Ad1

  俳優パク・ヘイルとキム・ヘスが映画『モダンボーイ』(制作:K&Jエンターテイメント)の主演にキャスティングされた。

  K&Jエンターテイメントが4日に伝えたところによると、パク・ヘイルとキム・ヘスは、新文物が押し寄せた1930年代の朝鮮時代(チョソン、1392~1919)の京城(キョンソン、現在のソウル)を背景にした映画『モダンボーイ』で、京城最高のモダンボーイ、イ・ヘミョン役と秘密のモダンガール、チョ・ナンシル役をそれぞれ演じる。

Ad14

  『ハッピーアンド』などで繊細な演出力をアピールしたチョン・ジウ監督がメガホンを握る同作品は、2000年の文学ドンネ・新人作家賞を受賞したイ・ジヒョン氏の小説『滅びえたり死なずに生きられるか』を原作にしたもの。日本による帝国主義が猛威をふるった時代、親日派の父のおかげで京城のど真ん中で新文物の恩恵を受けた、あるモダンボーイのミステリアスな恋愛物語を描く。

この作品は、韓国映画で正しく描かれたことのない1930年代を背景に時代のロマンと上流層の文化を描くという点で注目を集める。 当時上流層が楽しんだリアルタイムで直輸入されるスイングジャズ,葉巻とウイスキー,ハリウッド映画,中折帽と洋装スカートなどがそのまま登場する予定だ。

5月末ににクランクインの予定で、来年前半の公開を目ざしている。

--中央日報より抜粋、一部加筆--

Continue reading "パク・ヘイル&キム・ヘス、映画『モダンボーイ』にキャスティング"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« March 2007 | Main | May 2007 »