« April 2007 | Main | June 2007 »

May 2007

May 23, 2007

権力と愛欲の野望うずまく韓国大河ドラマ「チャン・ヒビン」

41978showtime

ShowTimeは、韓国ブロードバンドチャンネル「KoreanTime」にて韓国ドラマ「チャン・ヒビン」の配信を開始した。

 「チャン・ヒビン」(2002年~2003年・韓国KBS放映)は、“妖婦”と呼ばれた王妃の波乱に満ちた生涯を描いた、全100話の歴史大河ドラマだ。これまで勧善懲悪で描かれることの多かった“チャン・ヒビン”だが、当時の社会状況とその中で翻弄された女性の本性、そして彼女の選択にスポットを当て、あらたな“チャン・ヒビン”像を描き出しているという。忠実な時代考証と、細部まで作りこまれた豪奢な衣装も見どころだ。

 朝鮮中期、家門の没落とともに宮女となったオクチョン(後のチャン・ヒビン)は、その聡明さと美貌で王の寵愛を受ける。しかし、その胸中にはすでに大きな野望が目覚めていた。愛と野望のロイヤル・ストーリーがいま、ひも解かれる……。王妃から転落の人生を歩んだ悲劇のヒロインを演じるのは、韓国のアカデミー賞ともいわれる青龍賞主演女優賞に2度輝き、「愛の群像」「クッキ」などのドラマでも活躍する“韓国映画界の女王”キム・ヘス。ライバルとなるインヒョン王后は、「オー!必勝」や映画「純愛中毒」などのパク・ソニョン。王・粛宗は「朱蒙」などのチョン・グァンリョルが演じる。

 18日に第20話までの配信を開始、25日以降、順次追加される予定。なお、第1話と第2話は無料視聴が可能だ。全話日本語字幕付きで第3話以降、1話210円/3日間または14話パック2,730円/14日間となる。配信帯域は500kbps、2Mbps。

Continue reading "権力と愛欲の野望うずまく韓国大河ドラマ「チャン・ヒビン」"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

May 10, 2007

キム・ヘス,'ヘドゥヴィク'チョ・スンウ公演会場訪れ,熱狂的起立拍手

2007051007594785870_094410_0

700万興行映画'タチャ'のコンビ キム・ヘス-チョ・スンウが観客とミュージカル俳優としてお互いを凝視した。

チョ・スンウは歌い踊り、キム・ヘスは休みない拍手とリズムに乗ったからだを揺らしながら,観客としての楽しみを満喫した。

来る13日公演を最後に一旦休演となる大学路ミュージカル公演'ヘドゥヴィク'。
特にチョ・スンウがヘドゥヴィクを演じるときは、チケットが即座にsold outとなり、観客は熱狂的な反応を見せてきた。

9日また'シーズン3'公演に出たチョ・スンウにうれしいお客さんが訪ねてた。 'タチャのチョンマダム、キム・ヘスが'タチャ’のスタッフらと共に公演会場を訪れたのだ。

300人余りの観客中、女性客が90%を越えたが、その中でも最近海外映画祭で'韓国のモニカ・ベルッチ'という評価を得たキム・ヘスは断然光った。 公演が始まる直前、席に座ったキム・ヘスはショートボブにサングラスをかけ、他の女性観客と同じように興奮気味に公演の開始を待った。 キム・ヘスに気がついた客席の観客たちの視線は当然キム・ヘスに集中した。

チョ・スンウの招待で'タチャ'スタッフと同席したキム・ヘスのため、チョ・スンウはオープニングの時客席の後方から入場し,自身が持っていたミネラルウォーターのペットボトルをヘスに手渡した。

公演に突入するやいなや、キム・ヘスは何度も歓声をあげ、うなずくしぐさをしたり、クライマックスでは他の観客らと共に起立して両手を上げて熱狂的拍手を送った。 また公演が終わり、舞台を離れるチョ・スンウはキム・ヘスに向かって,感謝のジェスチャーを見せた。

昨年10月'タチャ'で熱いメロを演じ,恋人かつ賭博師として熱演した2人のコンビは7ヶ月ぶりに観客とミュージカル俳優として再会し、会場の熱気を共感した。

Continue reading "キム・ヘス,'ヘドゥヴィク'チョ・スンウ公演会場訪れ,熱狂的起立拍手"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 09, 2007

cine21 review「浮気日和」

なかなか掴めない彼女たちの内情、『浮気日和』初公開

日時 1月29日
場所 ソウル劇場

この映画は
 その女たちと、その男たちの本当の名を知るのは難しい。ただ、チャットの世界では、彼らは自分のことをこんなふうに呼ぶ。涙(キム・ヘス)、小鳥(ユン・ジンソ)、大学生(イ・ミンギ)、狐二匹(イ・ジョンヒョク)。堂々としていて魅力的だが、少しおどけているようにも見える “涙”は、純粋で可愛く、年若い “大学生”に出会い、はにかみ屋でぼうっとしているように見えるが、情熱的な何かを夢見る “小鳥”は、ハンサムで能力あり気な“狐二匹”と出会う。2人の既婚女性が、2人の男と浮気をする。”涙”の夫(パク・サンミョン)が彼女の行き先を尾行して、ラブホテルの現場を襲撃した。ひと騒ぎを起こした後も、彼女は家庭に縛られまいとし、”狐二匹”に向ける”小鳥”の気持ちは、密会の回数を重ねるごとに段々と膨らんでいく。"涙”と”小鳥”は、このように各々の浮気をする中で、知り合うことになる。

言葉×3
 「映画界はとても厳しい状況です。この映画だけでなく、全ての映画が上手く行けばいいですね。それと、この映画ももう少し上手くいってくれれば嬉しいです...」(制作会社アイフィルムのオ・ギマン代表)
 「浮気を素材にしたストーリーですが、2人の女性が互いに共感を抱いて友達になっていく内容です」(チャン・ムニル監督)

100字評論
 『浮気日和』は、「浮気をするのに最適な日」などはないという逆説を証明する、コミカルアクションラブストーリーである。エロよりはコメディーに近いベッドシーンや、予想外のアクションシーン(?)があちこちに突び出す。だが、かなり際どいセリフや、性的な渇望を含んだ表情演技のようなものは、18歳未満観覧禁止が妥当である。チャットで10歳年下の大学生と出会い、“クール”に楽しんでいた涙(キム・ヘス)が、夫に向かって「あなただって浮気したじゃない?」と叫ぶシーンのように、ところどころで見せる新派調の縫合は、感覚がズレているように感じられる。映画は全般的に、チャットや不倫など、20世紀末に流行った素材を、21世紀に一生懸命加工しようと努力した雰囲気が見て取れる。(映画評論家イ・ヒョンギョン)

 キム・ヘスの演技は熟練した様式美を備え、ユン・ジンソはキャラクターと女優を混同してしまいそうな位の境界線にいる。俳優イ・ジョンヒョクとイ・ミンギは、コミカルながらも醜くはない。魅力的なキャラクターと俳優たちだ。映画の場面で、相当数を占めているラブホテルの部屋で、彼らが交わすセリフには時々うんざりさせられるが、たちまち洒落の効いたどんでん返しを図るという醍醐味がある。しかし、完成された映画の枠の中に含めることはできず、もっと描き出されるべきストーリーがあるはずだという気持ちがぬぐえない。そのため、話の “フレーム”は面白いのだが、その中に綴られた話の内容には、殆ど飛躍や進展がないように見える。表面から入り、内面に切り込もうとしたのは才能ある挑戦だが、すごく低評価を受けた『幸福な葬儀屋』のような笑いを含み、完熟したヒューマニティが再び見られるだろうという期待は結局外れてしまった。(シネ 21 チョン・ハンソク記者)

 寝るのか、寝ないのか。バレるのか、隠すのか。不倫において、何よりも尖鋭な葛藤となる2つの問題が、この映画の主な葛藤だ。おかげで浮気をしている2人の人妻は、ラブホテルでは男と言い争い、ラブホテルの外ではあちこち飛び回るのに忙しい。しかし、『浮気日和』はコメディーと言うには笑いが少なく、ラブストーリーと言うには感情描写が足りない。不倫を素材にした騒動劇とでも言うべきだろうか?愉快になるというよりは疲れさせる騷動である。(シネ 21カン・ビョンジン記者)

 問題が多い映画に対する風当たりは良くない。2人の女の浮気を描いた映画『浮気日和』は、バラバラでまとまりの無いエピソードが散漫な印象を与える。ハッキリしないストーリーと、繰り返されるベッドシーンは、考えがまとまっていないように見えるし、「日常生活に疲れを感じた人妻の逸脱」という主題も非常にぼんやりしていて幼稚さが見れる。何を言いたかったのか、推測と見当をつけて見るしかない映画だ。(シネ 21 チョン・ジェヒョク記者)

ライター:チョン・ハンソク 2007.01.30

Continue reading "cine21 review「浮気日和」"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

キム・ヘス、フェラガモレディーに選定!ヘップバーン・モンローと肩を並べる!

It000002

フェラガモ'シューズ フォースター'主人公選定 特別製作靴

イタリー本社訪問、ペルージオ会長がVIP特別製作の木型'フェラガモ博物館'に永久展示

It000001

セクシースター キム・ヘスがオードリー・ヘップバーンと肩を並べた。

 世界的なブランド'フェラガモ'の'シューズ フォースター(Shoes For Star)'プロジェクトの主人公に選ばれたキム・ヘスは最近フェラガモのイタリア本社から招待を受けた。

It000006

 'シューズ フォースター'とは'フェラガモ'が毎年、全世界のトップスター中、当ブランドの高品格イメージを代表してくれる'フェラガモ レディー'を選定し,彼女たちだけの靴を特別製作するプロジェクトだ。 過去にはオードリー・ヘップバーン,マIt8 リリン・モンローなどが選ばれたことがあり,アジアではチャン・ツィイー,イ・ミヨンがその光栄を享受した。

 昨年映画'タチャ'で青龍映画賞主演女優賞を獲得するなど国内外で名声をとどろかしているキム・ヘスは、セクシーかつ,堂々としたイメーIt000004 ジを持った世界トップレベル スターとして'フェラガモ レディー'リストに名前が上がった。

 最近'フェラガモ'のイタリア,フィレンツェ本社を訪問したキム・ヘスはサルバトレペルージオ会長からVIP接待を受けた。 ペルージオ会長は、アジアから来たトップスターに靴の製作過程を直々に説明し、彼女を歓待する誠意を見せた。

It000005  その後、キム・ヘスは彼女だけのために'世界でたった一つの靴'を作る過程に参加した。 また'フェラガモ'専属デザイナーに、自身が普段履きたかった靴のデザインを提案もした。 彼女の提案で作られた靴は二ヶ月後に韓国へ空輸される。

 この日キム・ヘスの足型をとって作られた木型は'フェラガモ'博物館にオードリー・ヘップバーンらの木型と共に永久展示される。

 またウッディーネ極東映画祭のディーバに選ばれるなど、さらに国内外での名声を高めたキム・ヘスは、近い将来撮影に入る新映画'モダンボーイ'でスクリーン連続打席ホームランを意気込んでいる。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »