« 私たちの時代の顔があらわれた鏡を探す・・スター広告写真展 | Main | 2002.7.5 YMCA野球団ロケレポ »

June 18, 2007

キム・ヘス・パク・ヘイル,敵(京城スキャンダルKBS)と同床?

'モダンピープル'キム・ヘス・パク・ヘイルが'敵と同床'に入った。

キム・ヘスとパク・ヘイルが主役を演じた映画'モダンボーイ'(KnJエンターテイメント,チョン・ジウ監督)が17日京畿道水原のKBSセット場でクランクインした。

KBS水原セット場は1930~50年代の町並みが再現されており、当時を背景にした時代劇が作られる所. 最近KBS 2TVで放映中の時代劇'京城スキャンダル'(脚本チン・スワン,演出ハン・ジュンソ)もここで撮影されている。

おもしろいのは'モダンボーイ'と'京城スキャンダル'が製作初期から互いに不快な対立関係にあったという点だ。 おのおの映画とドラマとしてジャンルが違い、また原作も別だが,時代的な背景と素材が似ており,お互いを比較するのを敬遠した。

特に小説'京城愛社'を原作にしている'京城スキャンダル'側が当初'モダンボーイ'の原作の'滅びたり死なないで暮らせたら'の版権までを購入して,ドラマに活用しようとしたので二つの作品間には妙な対立が生じたようだ。

だが幸い大きい衝突はないものと見られる。 '京城スキャンダル'のスタジオ撮影は大部分慶南(キョンナム),陜川(ハプチョン)と京畿道(キョンギド),平沢(ピョンテク)の大型オープンセット場で行われている。 水原(スウォン)撮影は1週間に一日程度に過ぎない。 'モダンボーイ'も水原(スウォン)以外の代案ロケ地を物色中だ。

'モダンボーイ'は可能ならば'敵と同床'は避けたいのが率直な心情だ。 そうでなくても背景と素材が似ていて,新鮮度が落ちるところにすでに放送中の'京城スキャンダル'が当時世相再現に心血を注ぎながら,話題を産んでいるためだ。 得るものより失うものが多いという計算が敷かれている。

これに伴い'モドンボイ'側はキム・ヘスやパク・ヘイルのキャラクター公開にも極端な緘口令を引いている。 忠武路で最もスポットライトを浴びており,映画で新しく見せる変身が期待される場所と二人の一挙手一投足が関心事だが,外部露出を統制しながら,保安に努めている。'モダンボーイ'は来年上半期封切り予定だ。

2007061511470997833_120042_0 写真は京城スキャンダル

完全に被っちゃいましたな・・・

このドラマはそれほど高額なキャストではなさそうですが、チェジウのエアシティーといい、いつ放送されるのかわかんない(?)4さまのドラマといい・・・

名だたる高額ギャランティー俳優がその製作規模の大きさにつられてか、続々とドラマに復帰する現象が続いていますよね。

だからこそ、ヘス氏には韓国映画俳優としてのプライドを守っていただきたいと思います。そして、低迷気味の韓国映画に喝を入れてください。このままの2007年では、アンソンギさんの大鐘賞受賞記念パーティーどころじゃないですよ。ぜひとも映画界の担い手のひとりとして、もっと危機感を持っていただきたいものです。(今日はちょっと辛口・・)

そして早く11番目のママの消息を知らせてください(これは蛇足)^^;

|

« 私たちの時代の顔があらわれた鏡を探す・・スター広告写真展 | Main | 2002.7.5 YMCA野球団ロケレポ »

最新映画作品」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27167/15480336

Listed below are links to weblogs that reference キム・ヘス・パク・ヘイル,敵(京城スキャンダルKBS)と同床?:

« 私たちの時代の顔があらわれた鏡を探す・・スター広告写真展 | Main | 2002.7.5 YMCA野球団ロケレポ »