« September 2007 | Main | November 2007 »

October 2007

October 31, 2007

ドラマ‘タチャ’,スクリーンでの栄光を再現なるか?

20071030173020523a3_173020_0

ドラマ‘朱蒙(チュモン)’ ‘王と私’ ‘黄金新婦’等を製作した㈱オリーブブナインは30日SBSからドラマ‘タチャ’の編成確認を受けたと公示を通じて明らかにした。

昨年封切った‘タチャ’は、ホ・ヨンマンの漫画をベースにチョ・スンウ,キム・ヘス主演の映画としてサイダスFNHが製作し,興行に成功した作品. 今度は賭博場の勝負師たちの世界がテレビで繰り広げられる。

今回のドラマは‘不良主婦’カン・ウンジョン,ソル・ジュンソク作家が再度共同で執筆し‘百万長者との結婚’ ‘恋人よ’を演出したカン・シニョ監督がメガホンをとる。

オリーブナインの関係者は“漫画・映画・ドラマをセットにワンソース マルチユース(One Source Multi-Use)の具体的な実現をめざし収益創出の極大化が目標”として“サイダスFNHとともに来年上映予定の映画‘タチャ2’を共同製作する予定だ”と明らかにした。

そこでドラマの主人公キャスティングが急務となる.

全20話で製作される‘タチャ’は来年4月から毎週月・火曜日放送される予定であり,成功の有無によってはシーズン制ドラマとして継続して製作することも視野に入っている模様だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 29, 2007

キムヘスの変身、「11番目のママ」予告編公開!

Continue reading "キムヘスの変身、「11番目のママ」予告編公開!"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 27, 2007

'11番目のママ'キム・ヘスの‘My チャン’を紹介します!

20071026114539968b3_114539_0

'11番目のママ'--キム・ヘスの‘My チャン’を紹介します

血のつながらない女と少年がこの世で最も暖かい縁を結ぶ感動と希望のドラマ'11番目のママ'(提供:ショーボックス(株)メディアフレックス/製作:種スターピクチャース/監督:キム・ジンソン)のキム・ヨンチャンがキム・ヘスのパートナー最年少記録を更新して多くの男性の羨望をかっている。

キム・ヘスの愛一人占めしながら‘鳥肌カップル’として登板

‘ジェス’はすでに十人も母が代わった経歴(?)をもつ11歳の少年. ちいさな可愛い手でてきぱきと食事の仕度をし,一人で家事をすべてこなす‘生活の達人’だ。 十一番目に現れた分別のない新しいママ キム・ヘスに暇さえ出来ればよく食べるなあとか,もう寝ろ,ボイラー温度少し下げろ,などなど・・小言が絶えない分別を身につけた(?) 少年だ。 '11番目のママ'から生まれて初めて愛され,人を愛する方法を悟り,成長していくキャラクターだ。 撮影現場でキム・ヨンチャンは‘ヘス ママ’と最高の呼吸を誇る‘鳥肌カップル’とあだ名され,みんなの羨望をかったという。

‘パリの恋人’で演技大賞子役賞を受賞した実力派

キム・ヘスが“悲しい目にあまりにも多くをたたえていて、演技する姿を見るだけで多いに役に立った”と明らかにするほど優れた感性演技を見せたキム・ヨンチャン. 1994年生で<不朽の名作><ベサメムーチョ><地球を守れ><マルジュク通り残酷史>などの映画と‘王の女’’ファッション70s’等たくさんのドラマにも出演してきた。ドラマ‘パリの恋人’の‘ゴニ’役で04年SBS演技大賞子役賞を受賞した実力派でもある。

この冬,キム・ヘスが伝える暖かい感動と希望'11番目のママ'は11月21日記者試写会を経て,11月29日封切り、寒い冬に暖かく幸せな涙を届けてくれること必至だ。

予告編はコチラ

物語は・・・こういう感じ。

Continue reading "'11番目のママ'キム・ヘスの‘My チャン’を紹介します!"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2007

'11番目のママ'キム・ヘス,誰が彼女を泣かせたか?

2007102418480168433_192533_0

一滴も血のつながらない女と少年がこの世で最も暖かい絆を結ぶ、感動と希望のドラマ'11番目のママ'(提供:ショーボックス(株)メディアフレックス/製作:(株)スターピクチャース/監督:キム・ジンソン)が11月29日封切りを控えてポスターを公開した。 ‘キム・ヘスの光る涙’が目をひきつけるポスターは異例的にキム・ヘスのミニホームページを通じて,初めて公開され,より一層熱い関心を集めた。

‘キム・ヘスの光る涙’,初めての感性演技に対する期待感増幅!!

いつもクールで堂々としたキム・ヘス,彼女が変わった! <タチャ>の‘チョンマダム’以後大韓民国が最も愛する女優の位置を占めた彼女が11月29日封切り予定の<11番目のママ>で初めて感性演技に挑戦する。 誰にも情を与えず世の中のすべてに投げやりな女(キム・ヘス)がすでに十人も母が代わった少年(キム・ヨンチャン)に会って,どんどん変わって行く感動的な過程を通じて寒い冬の劇場を訪れた観客の涙腺を刺激する.

もつれた短髪と化粧気ない顔,再び破格変身予告

<11番目のママ>ポスターの中,涙ぐみじっと唇をかんでいるキム・ヘスはあまたの理由と感情を込めた目で観客に語りかける。 今まで一度も見たことのないもつれた短髪と化粧気のない姿で、いままでにないドラマチックな感情を伝達する。 自身のミニホームページでポスターを最初に公開したのはいつも変わらず声援を送るファンのためのサプライズだった。

今年の冬,キム・ヘスが贈る暖かい感動と希望<11番目のママ>は11月21日記者試写会を経て,11月29日封切り、寒い冬のスクリーンを幸せな涙で満たすだろう。

Continue reading "'11番目のママ'キム・ヘス,誰が彼女を泣かせたか?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2007

キム・ヘス,青龍映画賞ハンドプリンティング行事出席

20071022165817151c4_170207_0

パク・チュンフン-アン・ソンギ-キム・ヘス,青龍映画賞ハンドプリンティング行事出席

パク・チュンフン,アン・ソンギ,キム・ヘスが来る11月16日忠武路(チュンムロ)に位置した大韓劇場で開かれるハンドプリンティング行事に参加する。

20071023114226483b6_114512_0

今回の行事は第28回青龍映画賞を祝うための席で,昨年受賞者のアン・ソンギ,パク・チュンフン,キム・ヘス他リュ・トクァン,コ・アソンが参加する。

アン・ソンギ,パク・チュンフンは昨年'ラジオ スター'で主演男優賞を共同受賞して,話題になった。

受賞当時アン・ソンギは"最近は功労賞ばかり主に受けたのに,枯れ木木にまた花を咲くようにしてくれて感謝する"とウィットある所感を明らかにしたし,パク・チュンフンは"以前には賞を受けるとちょっと自惚れたが,今はただ感謝するだけだ。 今は主演にこだわらず、もっと歳月が流れても,助演賞,端役の賞でもこの席にまた立ちたい"と感動的なコメントを残した。

'青龍の女性'で毎年MCを受け持ってきたキム・ヘスは2006年'タチャ'で主演女優賞まで受け,二倍の喜びを享受した。

キム・ヘスは主演女優賞のときは進行者として落ち着いた所感を残したが,授賞式後MCの本分が終わるや受賞の感激が押し寄せたか話をつなぐことができなくて涙を見せた。

また新人男優賞を受賞したリュ・トクァンは自身のトロフィーを亡くなった父に捧げると話して,人々の目がしらを熱くしたし,コ・アソンは6ヶ部門を席巻した映画'怪物'で新人女優賞を受賞した。

一方今年第28回青龍映画賞は11月23日KBS 2TVを通じて,全国に生中継される。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

誰でも'キム・ヘス'になるチャンス!

20071022095358617e7_101038_0

キム・ヘスのスタイルをそのまま演出できる機会があるならば? スタイルチャンネル オン・スタイルがキム・ヘスをモデルにした新しいチャンネル広告放映を記念して,広告の中キム・ヘス衣装らを贈呈するイベントを実施する。 広告の中にお目見えした4種類衣装ら中最も気に入る衣装を選択すれば,抽選を通じて,各スタイル別に1人ずつ該当衣装を贈呈するのだ。

オン・スタイルの今回のチャンネル広告はキム・ヘスを通じて,オン・スタイルの堂々としていて洗練されたイメージを表現したのが主要ポイント. 'オン・スタイル世界'の中で生きる'キム・ヘスの一日'を主題で,朝ベッドで起きて外出を準備して画報撮影をする彼女の日常的な姿を感覚的なスタイルで表現して目を引いている。

オン・スタイル キム・チェヒョン チーム長は"今回の広告は,絶えず新しくて果敢な試みを通じて,スタイル アイコンに位置したキム・ヘスとオン・スタイルのイメージをよくマッチさせたという評価を受けている"としながら,"今回のイベントはキム・ヘス氏の洗練されて堂々としたスタイルを演出してみたい視聴者たちに楽しい機会になるだろう"と明らかにした。

イベント応募を望む視聴者たちはオン・スタイル ホームページ(www.OnMovieStyle.com)に接続,最も気に入るスタイルを選択すれば良い。 応募期間は来る10月31日までであり,当選者はオン・スタイル ホームページを通じて,11月初め公開される。

一方,イベント期間の間オン・スタイルはスタイルチャンネル'オン・スタイル'とスタイル アイコン'キム・ヘス'の共通点に対するアンケート調査イベントも共に進行する。 オン・スタイル ホームページを通じて,これらの共通点を主観(主管)式で作成すれば,抽選を通じて,アップル アイポッド タッチを総3人に贈呈する。

Continue reading "誰でも'キム・ヘス'になるチャンス!"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2007

YTN STAR <11番目のママ>撮影現場

忠武路で最高の変身の鬼才と指折り数えられるキム・ヘス氏がもう一度の変身を準備中というんですが。

<十一番目のママ>撮影現場を私どものYTN STARが訪ねて行ってみました。

[インタビュー:キム・ヘス]Q) <十一番目のママ>はどんな映画なんでしょう...?

A) "この子が劇中にジェスという子です。 私が十一番目のママになるんです。 憂鬱ながらも,最後には母としてやっと心に受け入れるそのような過程を描いた映画です。"

今回の映画で濃い母性愛を見せるキム・ヘス氏. キム・ヘス氏の心を動かしたのはどんな作品か気になりますね。

Q)どんなキャラクターなんでしょう...?
A) "映画の中この女性は全くお母さんとか母性愛とかとは縁がない女性で,子供とぶつかってとても荒っぽいんですね。 女性が。 しかし後に本当に心を開いて互いを抱きしめるようになる、そういう過程を描いた作品だからですね..."

撮影現場内外で最高の呼吸をみせたというキム・ヘス氏とキム・ヨンチャン君. それほど撮影現場の雰囲気も和気あいあいだったと伝えられるんですが~

Q)パートナーキム・ヨンチャン君はどんな子...?
A) "とてもおとなです。 私の手が冷たいと手を握って暖めてくれて..."

Q)眩しいと分けてくれるけれど...?
A) "もともとそうです。 とても可愛いでしょう。 天使でしょ。"

撮影を通じて最高のパートナーシップを自慢する二人. 年齢差にもかかわらず,お互いを思いやる姿が本当に愛情たっぷりで切ないですね。

Q)役に対する負担感はないのか...?
A) "はじめての役をするごとに必ずしもそういう役をやったことがあるかは重要ではないみたいです。 以前は私が経験してないことに対する不安感が漠然とありましたが今はその過程で自らを同化してゆきます。"

愛を拒否し傷を抱えて生きる二人. 結局痛みを癒しながら特別な母子の愛を見せるんですね。

Q)撮影会場の雰囲気は...?
A) "その翌日初めての撮影をしましたが知ってるスタッフもいるし、初めてのスタッフもいるし・・・もうかなり以前から撮影してるような馴染んだ感じです。"

変身の鬼才キム・ヘス氏が今秋伝える熱い母性愛. 冷たい風が吹く季節心を暖かくする映画,たくさんの期待望みます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 11, 2007

モダンボーイ、30年代モダンデート公開

20071010191528878b0_191528_0

2008年封切り予定の映画‘モダンボーイ’(提供:CJエンターテイメント/製作:ケイエンジェイエンターテイメント)の二人の主人公のパク・ヘイルとキム・ヘスの映画中出会いが注目を集めている。 30年代京城道路を歩くモダンボーイとモダンガールに変身し特別なデートを演出した。

‘モダンボーイ’は1930年代植民地朝鮮でひたすらロマンスにだけ生きたい不らちなモダンボーイ、イ・ヘミョンが自分を裏切って消えた、なぞの女性チョ・ナンジルを追跡しながら体験する劇的事件と冒険を描いた恋愛活劇.

パク・ヘイルは劇中で上位1%に属する富裕層で朝鮮総督府で仕事をするスタイル最高の浮気者イ・ヘミョンで,キム・ヘスはあふれる浮気心と才能,とうとうたるカリスマの中に危険な秘密を隠したモダンガールチョ・ナンジルに扮し,カップル演技をする予定。

20071009092542194e7_093525_1

今回公開されたスチール イメージは映画に使われた小道具の写真で,1937年のある新聞にのせられたと設定されたカットだ。 記事の題名は‘京城の春-女心を誘惑するのに忙しい京城のモダンボーイ’.

当代最高流行スタイルを自慢する問題的新世代モダンボーイとモダンガールを世相風俗的視線で捕らえた特集記事写真だ。 見る人の視線を一気にひきつける魅力的なモダンボーイ-モダンガールカップルイ・ヘミョンとチョ・ナンジルが京城通りを散策しながら,ショッピングを兼ねた愉快なデートを楽しむ姿が生き生きと捉えられた。

この写真はまた’モダンボーイ’が描き出している1930年代の実際世相に対する好奇心と興味を刺激する。 1930年代は日帝治下の暗鬱な時代だったが現代が始まった時期でもある。 ニューヨークとパリ,東京からリアルタイム直輸入された中折帽と洋装スカート,スイングダンスとジャズ,巻タバコとウイスキーなどの新しい文物が朝鮮最初の大衆的流行を形成したし,伝統的な価値と文化でない西欧的ロマンとモダンを追求する新しい世代のモダンボーイモダンガールらが京城街を闊歩した時期でもあったこと.

パク・ヘイルとキム・ヘスがこの写真を撮影した日は本撮影に先んじた小物写真撮影およびテスト撮影である。 パク・ヘイルとキム・ヘスが頭の先からつま先まで各自のキャラクターをそろえた姿で初めて会った日でもある。

映画‘モダンボーイ’は6月末クランクインして,ソウル,水原(スウォン),利川(イチョン),陜川(ハプチョン),密陽(ミリャン),横城(フェンソン)などのロケ地で現在まで60%以上の撮影を終え,2008年初めに公開する予定だ

Continue reading "モダンボーイ、30年代モダンデート公開"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キム・ヘスのまた新たな変身! 映画11番目のママ!!

김혜수의 또 다른 변신! 영화 열한번째 엄마!!

キム・ヘスのまた新たな変身! 映画11番目のママ!!

久しぶりにキム・ヘス氏の便り準備しました。 最高変身の鬼才と指折り数えられながら,多い愛を受けている俳優キム・ヘス氏. 今回は11番目のママに変身したというんですが。 今からその現場会ってみましょう。

千の顔を持った俳優キム・ヘス氏が奇妙で艶がないママになって戻りました。 私たちの心を暖かくする映画11番目のママの撮影現場です。 今部屋の中では十一回目ママ キム・ヘス氏と息子縁起の神経戦が真っ最中ですが。 TVに来た精神を奪われた縁起! キム・ヘス氏がいくらラジオ ボリュームを高めても省みることもありません。 二人の間にみなぎる緊張感が感じられるんですが。

まずキム・ヘス氏が行動を開始しました。 不良らしく足でぷつんと触りながら,縁起の神経を刺激するんですが。 だがこのまま退く縁起ではありません。 結局キム・ヘス氏強い力で縁起を制圧してしまうんですが。 季節ごとに新しいママを迎える縁起とキム・ヘス氏の不安な同居生活はそのように始まりました。

俳優としてキム・ヘス氏の価値を再発見するようにした作品 タチャでキム・ヘス氏は貪欲な欲望を持った賭博場の花チョンマダムの役割を立派に消化しながら,演技力と興行性を同時に認められましたが。 今年封切った良くないかでは立つすべき仕事なしにぶらぶらする失業者オールドミスで登場して,服装から行動一つ一つまでリアルな演技を見せました。

そして十一回目ママを通じてもう一度変身を予告しているんですが。 何の希望もなしで人生を生きていくキム・ヘス氏には世の中すべてのことがはなはだしくは自身をママと呼ぶこの子供さえ面倒なだけします。 子供ののりまきまで奪い取って食べるこの姿本当にミプサンイネヨ. 映画撮影ずっと二人の神経戦は本当にいたずらでなかったそうだ。 今はおかず器一つを置いても汚らしい言い争いを行います。 ところで演技がとてもリアルで,お二人様本当に戦うようです。

だが絶対親しくなることができないと思ったお二人様間に何か変化の兆候が見えるんですが。 戦いながらなじむというかです。 自身のように愛を受けてみたことない子供縁起とともに生きていきながら,キム・ヘス氏は十一回目新しいママでもう本当に縁起のママに成っていっていました。 そしてポスター撮影現場でまた会ったお二人様映画撮影会場とは別にとても親しく見えます。 むしろとても親しくて,キム・ヘス氏がヨンチャン君にいたずらをかけたりもしましたが。

キム・ヘス氏姿勢がとても安らかに見えるんですが。 ところでママのキム・ヘス氏が息子の膝を切って横になりました。 お二人様位置がさかさまになったこと違ったのですか? キム・ヘス氏が伝える暖かい感動と希望が入れられた映画十一回目ママ深まる秋とよく似合う映画です。 皆さんも期待よくして下さい。

セクシーでカリスマあふれるキム・ヘス氏が今回は濃い母性愛を見せるというとあまりにも期待される作品ですが。 普段にもキム・ヘス氏子供たち好むことに有名がりますが。 撮影しながら,ずっと幸せだったというんですが。 キム・ヘス氏の感性演技がより一層引き立って見える作品でないかと思いますね。 十一回目ママ多い愛されること望みます。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 08, 2007

バーバップバーCF

ふるすぎて言葉もありませんが、可愛いですねえ・・・

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 05, 2007

キムヘス「子供がいたらどれだけ幸せだろうか」

Ws0000009286

いよいよ11月の公開めがけ、広報活動に入られたようです。

11番目のママ、とてもハートウォーミングな作品に仕上がったように思われます。

元来子供大好きな人なので、また去年身内に甥が誕生したこともあって、このくらいの年頃の男の子にはなおさら思い入れを感じたのではないでしょうか?

インタビューでは

「本当のお母さんとは比べようもないけれど、ほんとにこれくらいの子がいてもおかしくはない年なので、撮影が進むにつれて本当に母になったような感覚を覚えました」

など語っておられます。

Continue reading "キムヘス「子供がいたらどれだけ幸せだろうか」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 04, 2007

ベリーショートです

20071002115544645b0_115544_0_3

ですがこのままモダンボーイの役を演じるかは疑問です。

1930年代の設定ですから・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »