« SBS スペシャル ’容赦’  | Main | キム・ヘス、ナ・フナ関連の噂は「デマ」 »

January 17, 2008

モダンボーイついにクランクアップ!

‘モダンボーイ’パク・ヘイル“7ヶ月撮影,よく遊んだ”

20080116182609829a3_182609_0

映画‘モダンボーイ’(監督チョン・ジウ,製作KnJエンターテイメント)がクランクアップした。

パク・ヘイル,キム・ヘス、イ・ハン主演の‘モダンボーイ’は去る14日江原道(カンウォンド)で約7ヶ月間の大長征を終えた。 3年の間企画およびシナリオ作業を経て,撮影に突入,全国各地域を背景に広大なロケーション作業をついに終えた。

‘モダンボーイ’の最後の撮影は江原道(カンウォンド),五台山(オデサン)の月精寺(ウォルジョンサ)森の道で進行された。 パク・ヘイルは劇中イ・ヘミョン役を担って,ワイルドながら,一層深くて成熟した姿で森の雪景色の中で演技をした。

事実,映画は昨年12月初め1シーンを除いて撮影を完了した状態. 雪に覆われた冬の森の雪景色が必要だった場面を残していたので,この日撮影は俳優らとスタッフら皆うれしいといった。 特に撮影分量がなかったキム・ヘス、イ・ハンなど大部分の出演陣らが訪問して,同僚の愛を見せた。

撮影を終えた後チョン・ジウ監督は“喜劇と悲劇の間を行き来しながら,熱演を広げた俳優らと全国を行き来する大変な製作環境の中でもがんばったスタッフらに感謝する。 良い作品で報いる”と要旨を伝えた。

パク・ヘイルは“7ヶ月間イ・ヘミョンとしてよく遊んだという気がする。 難しい状況の中で一緒にあるスタッフらと良い思い出を持っていく”と物足りなさと満足感を同時に表わした。

キム・ヘスやはり“全国を歩き回りながら,撮影したからなのかそのどんな映画より大変な作業だったようだ。 だが‘モドンボイ’を撮影しながら,そのどの時より幸せだった”と愛情を現わした。

1937年京城ひたすらロマンの化身になるのを望むモダンボーイ、イ・ヘミョンが消えた恋人チョ・ナンシル(キム・ヘス)を追いながら,自分も分からない間に巨大な事件にまきこまれる話を描いた‘モダンボーイ’は後半作業を経て,来る4月開封される予定だ。

・・無事終了、おめでとうございます!

これから編集作業などを経て、4月公開になるようですね。去年は大不振だった韓国映画界、2008年期待される10編の映画という記事を今日キムヘス氏がHPで紹介していましたが、もちろんこのモダンボーイも含まれて居ます。(自分で紹介するあたり、もしかして自分にはっぱをかける意味もあるのかも・・w)ココだけの話、ギャラも出来高制だそうです。。

制作費が77億wということですから、このごろにしてはかなり大型のいわゆるブロックバスター的作品になることでしょう。

同じ30年代の京城をモチーフとしていても、「ラジオデイズ」やドラマ「京城スキャンダル」とは趣も異なった、異色な作品だと評されていました。

できればタチャのように、娯楽性が強くてテンポがよくてスピード感のある作品に仕上がって欲しいですね~

11番目のママでは本当に素晴らしい演技を見せてくれたのに、あっという間に打ち切られて、興行はさんざんでしたから・・・T

個人的にはイ・ハン氏演じる日本人(というか、日本語)がどれくらい完成度が高いか、興味があります。ちゃんとしててくれよ~って願望ですが・・^^

|

« SBS スペシャル ’容赦’  | Main | キム・ヘス、ナ・フナ関連の噂は「デマ」 »

最新映画作品」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27167/17722468

Listed below are links to weblogs that reference モダンボーイついにクランクアップ!:

« SBS スペシャル ’容赦’  | Main | キム・ヘス、ナ・フナ関連の噂は「デマ」 »