« キム・ヘス,ニューヨークでも光る'レッドカーペット'の女王 | Main | モダンボーイキャラクターALLIN映像 »

September 03, 2008

製作発表会・・キムヘス、詩から作った曲にとても愛着がわきました

モダンボーイ記者会見にて。

パク・ヘイル:こんにちは、モダンボーイでイ・ヘミョン役を演じたパク・ヘイルです。

キム・ヘス:こんにちは、私はチョ・ナンシル役のキム・ヘスです。

ヘイル:映画の中のヘミョンという青年は、皆さんよく聞いたC.P。モダンボーイという30年代に西洋文化的な吸収がとても早い問題的新世代だといえます。暗鬱だった時期だけに新鮮なキャラクターだといえるのは、そんな時代なのに、とても自由奔放で個人の幸福をより追求しようと思った、現代的に話せば江南の富裕層の家の、ブランドの服を着て歩く、そんな裕福な青年。こんなふうに要約することができます。そしてその時代の公務員です。

ヘス:この映画でチョ・ナンシルはとても才能をたくさん持っているし、人知れず夢を抱いて純粋だし、また秘密のある女性です。そしてストーリ-を導いてゆくヘミョンの人生に介入して人生を掌握してしまう魅力的なキャラクターです。俳優として、とても特別な、なかなかチャンスが与えられないような役だから、とても多くの期待を持って撮影に臨みました。なにしろ、監督が精巧で緻密な部分で多くの助けになってくださったし、とても助かりました。ヘイルさんは本当にとても千変万化して予想できない、とてもナイーブな演技をしてくださり、実際現場で大きな助けを受けたし、とても楽しく撮影しました。

ヘイル:先輩がキャスティングされた当時、心の中でヤッホーと叫びました。いや~いつ一度一緒に共演できるだろうか・・・と。正直言ってこんなふうに出発しました。映画史に残る方だと思うので。それで軽快にやることだけ考えて映画に入っていきました。序盤のハーモニーは、個人的にとてもさわやかな出発でした。

ヘス:ダンスと歌は撮影前から撮影中も続けましたが、3ヶ月以上やりました。おかげでその頃のスウィングジャズというものをみっちり専門家から学びました。そして実際に私の歌った歌が、英語、日本語、韓国語を含めて4曲くらいになりますが、その歌にとても愛着がわきました。特にその中でその当時、キム・ソウォルの詩を歌詞にして書かれた曲も歌ったのですが、撮影の少し前に監督がPCでその音楽を聞かせてくれたんです。こんな曲はどうかと。ところが私はその曲を聴いたとき本当に心がじ~んと熱くなって映画とは関係なしに涙が出そうになったんです。そして歌詞も、メロディーも、またその歌を歌った歌手の声もすべてが映画によく合っていると思いました。そういう感情で聞いた歌を私が再演しなければならなかったから、私が初めて聞いたときのその感情を記憶しながら歌おうと思いました。歌唱力とかそういうものは、実はいくらトレーニングを受けても限界があったようです。

|

« キム・ヘス,ニューヨークでも光る'レッドカーペット'の女王 | Main | モダンボーイキャラクターALLIN映像 »

最新映画作品」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27167/42371887

Listed below are links to weblogs that reference 製作発表会・・キムヘス、詩から作った曲にとても愛着がわきました:

« キム・ヘス,ニューヨークでも光る'レッドカーペット'の女王 | Main | モダンボーイキャラクターALLIN映像 »