« November 2010 | Main | October 2012 »

September 2012

September 09, 2012

次回作「観相」

映画「観相(クァンサン)」が、ソン・ガンホ、 イ・ジョンジェ、ペク・ユンシク、チョ・ ジョンソク、イ・ジョンソク、そして、キ ム・ヘスまでの主要キャスティングを確定 し、9月のクランクインを控えている。

映画「観相」は、2010年映画振興委員会の韓 国映画シナリオコンテストで大賞を受賞した 脚本家キム・ドンヒョクが、“観相”という独 特な素材で緻密でしっかりしたストーリーを 描き出し、「恋愛の目的」「優雅な世界」を 通じて一味違う感性と独特な演出力を認めら れたハン・ジェリム監督がメガホンを取る。

ソン・ガンホは、顔を見れば、その人の栄枯 盛衰を予言する能力で、朝鮮時代の最大の権 力の争いに巻き込まれる観相学者ネギョンに 扮する。ソン・ガンホは、「優雅な世界」以 来にハン・ジェリム監督と再会し、再びタッ クを組むことになる。

観相に見えるまま国の運命を思いのままにも てあそぶ二人の人物首陽大君(スヤンテグン)と 金宗瑞(キム・ジョンソ)は、最近「泥棒たち」 でポパイ役に扮し、これまでとは違う面を見 せた俳優のイ・ジョンジェと「お金の味(THE TASTE OF MONEY)」で演技変身を見せた俳優 のペク・ユンシクが演じる。

ミュージカルスターから忠武路(チュンムロ: 韓国映画産業の中心地)の新星になった「建築 学概論」のチョ・ジョンソクがネギョンを手 伝うペンホン役。映画とテレビを行き来しな がら自分の領域を固めているイ・ジョンソク がネギョンの息子役に扮し、新しい面を見せ る予定である。

最後に女優のキム・ヘスが山奥で悠々自適に 生きていたネギョンを漢陽(ソウルの古称)に呼 び込み、事件の中心に立たせる妓生(キセン: 朝鮮時代の芸者)ヨンホンを演じ、新しい魅力 を見せる予定である。

「観相」は、9月にクランクイン予定。
undefined


キーセン姿は昔漢江ブルース(ハンガンスタリョン)というドラマ中でチェ・ミンスと色んな写真を撮ったなかでありましたね。

韓服自体は、よく着ていますがチャンヒビンなんかだと、高貴な人が着る豪華絢爛なものでとても美しいですねー

盗賊たちヒットしたからか、ちょっと安易なキャスティングですけど、まあソン・ガンホが主演ということだし、監督は優雅な世界の人だし、まずコケることはないでしょうかね。

個人的にはもう少しヘスちゃんのボリューム多い作品を観てみたいんだけどなぁ。二階の悪党みたいなね。

興業は振るわなかったと思うんだけど、私の周囲のヘスの映画をほぼ全て制覇している友人たちの間では、一番出来が良かった!と絶賛されてましたよ。

最近高倉健さんが6年ぶりに映画主演されて話題になってますが、ヘスちゃんにはもう少し年輪を重ねてもらって、韓国版女高倉健と評されるくらい頑張っていただきたい。あと10年くらいはとても苦しい時期だろうけど…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2012

盗賊たち

凄い久しぶり~

スマホから更新できるようになり、この夏観客動員数1000万人超えした映画「盗賊たち」に少し触れたいと思います。

チョン・ジヒョン、キム・ユンソクなどそうそうたるキャストとタチャ以来の良縁であるチェ・ドンフン監督がガッチリタッグを組んだこの作品。

お話的には韓国版オーシャンズ11としか表現しようがないものですが、リピーターもあるようで、ヘスの作品中唯一の1000万を達成してしまいました。

惜しむらくは単独主演でないことかな?

メディアでの取り扱いもチョン・ジヒョン中心だったりします。

最近は露出というキーワードでヘスが取り上げられることも、めっきり減りました。この作品でも脱いでないです。チラもなしね。

まだ本編観てないし、昨今の竹島問題もあり、日本で公開されるのは大変難しいとは思うんだけど、不惑を過ぎてちょっと抑えたヘスを観てみたい気がします。

そういえば最近ユニセフの広報大使に任命されて嬉しそうな写真を見ました。

ボランティアやり始めて数十年、アン・ソンギの推薦でゲットされたようです。

過去のどんな受賞よりマジで嬉しそうな顔をしてました。念願叶った~!
世界中の子どもたちを思いやるときには、どうか北朝鮮の子どもたちのこともちょっとは思い出してください。

お願いね、ヘスちゃん!
heartheart


undefined

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2010 | Main | October 2012 »